アトピー改善は健康食品でも有効~最低でも3カ月というスパンで改善の具合を見極める~

きっかけとなる食生活

薬

環境が変化した結果です

アトピー患者は年々増えていっています。それは近年アレルゲンとなりうるものが増えていったことが挙げられます。勿論化学物質もその中に入ります。今や化粧品、日用品といったものに多くの化学物質が含まれています。また、たんぱく質もアレルゲンの一つと言えます。アレルギーがそこまで流行っていなかった頃、卵や牛乳、小麦といったものはそこまで摂らず、ご飯に一汁一菜が主流でした。しかし、近年は食べ物が洋食化し、卵や牛乳、小麦といった食べ物は勿論、肉も食べるようになりました、肉そのものはアレルゲンと言われていませんが、腸内の腐敗を引き起こすため、それがアトピーに影響するとされています。こういった食生活の変化もあり、アトピー患者はどんどん増えていくことが考えられます。

亜鉛摂取が広まっています

つまり、上記からアトピーの人は化学物質のより少ない日用品と、添加物やたんぱく質を多く摂りすぎないことが必要になります。ただし、養殖でない魚や大豆(大豆アレルギーでない場合)はこの限りではありません。またそれに加え、ミネラル特に亜鉛を摂ると体内のアレルゲンの許容量の拡大と、体内のデトックスを促すことができます。したがって、アトピーの改善にはミネラルも有効であることが言えます。亜鉛はカキやレバー、卵黄などに多く含まれていますが、植物性であれば大豆やナッツ類、黒米や赤米に多く含まれています。しかし、近年では健康食品で摂取する動きが見られました。アトピー改善によいということで多くのアトピー患者が利用しています。